和菓子屋小野寺

ヴァヴァヴァヴァ

ヴァイスで意識したいこと。アドの話。

大事なことを書くのを忘れてました。主にアドの話とゲームの進め方の話です。

まずカードゲームにはアドという概念があります。アドバンテージ。これすごく大事。アドが好きすぎてアドアドうるさいやつもいる。アドアドアド。

ヴァイスはざっくり言うとハンドアド、ボードアド、テンポアドの3つがあると思います。

ハンドアドはそのまま手札の枚数、あるいは手札の質のこと。ボードアドは舞台にいるキャラの枚数、質のこと。テンポアドはお互いの点数の話。相手が自分より点数進んでればテンポアドを取れている。ストックはどれだろう…上のどれにも変換できる。ストックを増やせるカードはあんまりない。

この記事ではゲーム中、あるいはデッキ構築においてどのアドを意識していけばいいのかを解説していきたいと思います?(なんかだんだん有名強者が記事書いてるみたいな口ぶりになってきたけどもちろん無名初心者です。)

ヴァイスは1ターンに2ドローが可能で3パンが可能なので毎ターン全部の面のキャラが死ぬとハンドが1枚減っていく。だから序盤はハンド重視。逆に終盤になるとハンドが0になろうがストックが0になろうが相手を倒せば勝ちなのでテンポ重視。ざっくり言うとこんな感じ。以下レベル帯ごとに細かくみていきます。

まずはレベル0の話から。強いカードの話のところでも書きましたが、0帯ではハンドを減らさずにストックを貯めたり1帯で必要なカードを集めたりしたい。

0帯はだいたい2パンくらいしかしないことが多いのでボードアドうんぬんの話は違和感がある(3パンすると全部割られた時にハンドがきつくなる) キャラが返ってきたらハンド1枚得したって感じかな。

パワーが高ければ相討ち持ち以外にはやられないので生きて返ってくることも多い。アド。 あとはやっぱり移動持ちが強い。だいたい返ってくる。アド。

普通0帯は毎ターンクロックドローをすることと先上がりを狙うのが主流なことからわかるようにこのレベル帯では ハンドアド>>テンポアド (ABみたいな後攻3パン。アド。って感じのテンポ重視の脳筋デッキのような例外もある)

採用するカードは強いカードの記事にクソ長文で書いたからそっち参照。

次レベル1の話。ここは戦法が大きく分けて2つに分かれる。

まずは前も言ったけどCXシナジーを使ってハンドとテンポアドを取りに行くタイプ。こっちが主流。 もう一つは昔暴れたリライトとかレールガンみたいに高パワーのカードを並べてボードアドを取ることで間接的にハンドアドとテンポアドを取るタイプ。 ボードアドが取れれば相手は基本的にはチャンプ(自爆特攻みたい。バトルで負けるけどフロントして点数通すこと。)するしかないので返しはダイレクトアタックできてテンポアドが取れて、自分のキャラは返ってくるのでハンドアドも取れる。

なんで前者が主流になったかというと先上がりされてCX貼られて点数通された場合やっと1になったらクロックドローして1ー5、1ー6という場面も多い。 そうなるとボードアドを取ってハンドアド取って次のターンテンポアドを取りに行って、、とやっていてはどうしても遅いからだと思う。たぶんね。

前者だと ハンド、テンポアド>>ボードアド 後者だと ボードアド>>ハンド、テンポアド

採用するカードは島風互換とアタッカー。 2以降で使うストックを貯めたいからコストを使わないで行きのパワーがでるアタッカーが人気。 でも0か1でストック使うカードも入れて置かないとCX噛んだ時に泣く。

レベル2行きます。この辺からハンドに余裕があるタイトルはクロックドローをしないでテンポアドを取りにいったりする。 早出しのレベル3を出してボードアドとテンポアドを取りながら流すことが多い。ボード、テンポアド>ハンドアド

最後にレベル3。ここはもうテンポアド以外重視すべきものはない。 ハンドとストックをフルで使って相手を倒す。 前も言ったように回復して耐久することで競り勝つか、詰めのカードで相手の点数を進めるかの2択。

テンポアド>>>その他

以上です。アドアドうるさい記事になった。 良くある話だからどっかのサイトのパクリみたいな記事になってる可能性もある。終わり。