和菓子屋小野寺

ヴァヴァヴァヴァ

強いカードと強い動き3

やっとここまできた。いよいよレベル3の話。

レベル3はいよいよヴァイスのクライマックス。3のカードで採用されるカードはざっくり分けて以下の3種類

○詰めのカード

○回復を持っているカード

○早出しorチェンジができるカード

3つ目については前の記事で説明した。1つ目と2つ目について解説していく。

まず1つ目。これはまぁ説明は要らないと思うが、相手を倒す(相手に点数を入れる)ためのカード。
1点バーン(1ダメージ与える)や1点ショット(アタックしたダメージがキャンセルされたときさらに追加で1ダメージ与える。さらにもう1発!)などから始まり、相手を倒したらコストを払ってその相手をデッキのトップに送ったりクロックに送ったり、はたまた自分をスタンドさせたりなどいろいろな効果がある。

5点バーンやアタックしたダメージがキャンセルされたときデッキのトップを控室におくってそのレベル+1のショットを与える、通称武蔵ショットなどの派手な効果もある。
この辺は自分のタイトルのカードを見てみよう。

自分ともう1体に1点ショットをつけてきて自身はアンタッチャブル(相手の効果に選ばれない)を持っている金色の闇やアタック時実質ノーコストで1点バーンに加えて相手を倒したらコストを払ってスタンドする乙女心万里花などのぶっとんだカードもある。1点バーン、1点ショットとかもはやかわいいね。
(万里花は暴れすぎて速攻制限、闇はみんなが制限かかると思っていた中なんとノータッチ。制限改訂前になぜかとらぶるを組んだmっしーが大勝利した。おめでとう。)

続いて2つ目。これも説明いらないと思うけどまぁ回復すると。
あと1点回復してればぎりぎり耐えたのにとかはよくある話。
あとは3-6まで追い詰められて、いざ自分のターンがきてアタックして倒すぞーってなった時に山札が少なくてアタックしたらリフレッシュダメージで負けてしまう、という状況を回避するのにも使えるので普通耐久気味のデッキじゃなくても何枚かは採用されている。

個人の意見だけど回復のカードは3枚積むのが最低ラインだと思ってる。2枚使って3ー2を3ー0にできるのは大きい。
2積みだと両方を手札に揃えるのは難しいからやっぱり最低でも3積みはしたい。

回復効果と1点バーンなどの詰め効果をもってるカードは回復を採用しつつ詰めに使えるため非常に強い。
(回復持ちのうえに相手を倒したら1点バーンできてさらにチェンジで2からでてこれる夢のようなカードがあるらしい・・・)

たいていのデッキは3のカードを詰めか耐久に寄せて採用していることが多い。
自分のデッキがどっちのタイプがいいのかは自分の使うタイトルにあるカードと相談して採用しましょう。

3の殺意が高いタイトルが多いので3での耐久はとあるくらい回復できないと厳しい感じはある。
山にCXしっかり入ってれば2帯から死ぬことはほぼないので2帯から回復できるカードを使って耐久しましょう。

こんな感じですかね。いかに相手を詰めるかっていうのはヴァイスで一番楽しいところだから頑張って考えて勝ちましょう。終わり。