和菓子屋小野寺

ヴァヴァヴァヴァ

デッキをつくろう(理論編?)

ルールがわかったらデッキを作りましょう。自分が知ってるタイトルを組むとアド。強いタイトルだとさらにアド。知ってるタイトルがなかったら強いといわれてるタイトルのアニメなり原作なりをやって好きになって組めばアド。強いタイトル組んでからアニメ見るやつもいるらしい。化け。

組み方1
強いカードをぶち込む。強い。アド。

組み方2
かわいいカードをぶち込む。かわいい。アド。

真面目に書きます

組み方1
強いカードを集めて組む。デッキが強くなるから勝率も上がってモチベもあがる。ただイラストアドがないとデッキに対して感情がなくなるのでタイトルはしっかりきめましょう。とにかくまずは勝ちたいとかカードやる以上勝ちにいきたいって人はこっち。僕はこっち。普通のガチデッキはどっちかというとこっち。

組み方2
かわいい(好きな)カードを集めて組む。とにかくデッキがかわいくなる。爆アド。ただデッキパワーが低くなりがちなので負けまくって冷えることがある。勝率なんてどうでもいい、僕はこの子(たち)と勝ちたいんだって人はこっち。僕も最初はこっち気味だったけど気づいたら変わってた。キャラ単はどっちかというとこっち。

最強の組み方
可愛くて強いカードを集めて組む。まさに最強。僕のニセコイはこれ。欠点は最強すぎて自分が他に持っているデッキの存在価値がなくなってしまうこと。うみみとかいう女はなんだったのか。

枚数の目安は
レベル0が16~19枚、1以降はマジでデッキによる。
最近のだと1が13枚前後くらいで2が数枚の3が8枚前後ってのが多いと思う。タイトルによるからタイトルごとに調べたほうがいい。
CXは8枚。ただしあまりにも手札にCXを引きすぎた結果CXを減らす構築を考えてる人もいるとかいないとか・・・。

色について。

1色→普通のタイトルだとあまり推奨されない。理由はヴァイスは色ごとに色々な特徴があり、単色だと動きに幅がでないため。また、レベルごとに色を決めれば2色3色でもあまり事故らないため。ですがGFや今度でるスクストなど単色ならという条件の効果を持つカードがあるタイトルもあり、それらは単色で組まれていることもあります。

2色(1色+タッチでもう1色)→多分1番多い。レベル1だけどちらかに寄せて後は両方好きに入れる2色と、0と3だけ他の色をタッチで入れるパターンのどちらかが多い。前述したGFも青t赤や黄t赤などのデッキがある。

3色→基本は2色でレベル0と3にタッチでもう1色入れるパターン。3にあがる際にタッチの色をレベル置き場に置ければよく、後は2色同様1を1色に寄せて作れば安定はする。わりと強い。でもあんまり見ないかも。ニセコイとか。

4色→多分事故るからやめとくのが吉。4色で強いのはかんこれ。でもこれはカードの効果で色がなくても出せるカードを採用してる結果だから真似しないでね。

以上です。どんなカード、どんな動きが強いかはまた別の記事に書きます。